« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

おかしな言葉

こんな言葉…
 
「病気と上手に付き合う」 
えええぇぇぇ!!!
 
なんッて言葉だ!
ありえないッ!!
 
病気とは決別したいものであって!
 
付き合いたいものじゃありません!!
 
しかも上手にとは…
 
冗談だろ…┐(  ̄ー ̄)┌  
上手に付き合えるくらいだったらトットト治すッてんだ!
 
少し感情的になりましたが…(汗)
 
こんな言葉にフト苛立ちを感じました。

|

辛いのはあなただけじゃない?辛いのはあなただけ。

つらい経験は、後に人生で役に立つとか…
いい経験だったと思えるようになるとか…
 
言うよね…
 
確かに、そうなのかもしれないけど
 
これは、問題を解決して幸せになってる人の言葉であって…
 
問題と格闘中の人には合わない。
 
さらに、こんな言葉もある。何かの記事とかによく載っていたりするけど…
 
辛くても前向きに生きるように…とか言う言葉…
 
これも、また酷い言葉だ。 
つらい事にぶち当たってる人がどうして簡単に前向きになれるか!
 
安易だ…。
 
安易すぎて軽い言葉だ。
 
さらに
 
辛いのはあなただけじゃない…こんな言葉。
 
確かにそうかもしれない。 
広い範囲で見渡せば
自分より辛い思いをしている人は沢山いるだろう。
 
いや違いない。
 
だけどもだ。
 
自分が問題にぶち当たってる時に
他が見えるのだろうか?
 
自分が必死に戦ってる時によそ見ができるだろうか? 
辛いのはあなただけじゃない…ではなくて
 
辛いのはあなただけ
 
になってしまうだろ…。
 
余裕のある人の言葉な訳だ…。
 
 
すべての人の問題が解決して皆が余裕のある人になればいいのに…
 
幸せって余裕があるってことなのかな?
 
この世の中から不幸な事が消えてしまえばいい…
 
 
よね。

|

何度も繰り返しうちひしがれた時

何度も繰り返しうちひしがれても平気でいれる人なんているのだろうか?
 
普通は、絶望する。
 
でも絶望ってのは
これまた厄介なもんで
 
希望を探してしまう。
 
小さな希望でも必死で探して、それにすがってしまう。
 
小さな可能性にかけてしまう。
 
それに根拠がなくてもだ。 
希望は完全な絶望をさせないためにあるのかもしれない。
 
あまりに絶望を繰り返した時、平気ではいられない。 
繰り返すうちに弱くなる。 
己を絶望へと追いやっている問題が解決すれば…解決させる事が出来れば
 
普通は少し強くなれる。
 
しかし、何度も繰り返す絶望の根本原因が同じものであった時。
 
さらには、その原因を解決させるのが己ではどうしようもない時。
 
そんな時、弱くなる。
 
抵抗する力がなくなる。
 
すべてを悲観してしまう。 
 
こんな状態は嫌だ。
 
 
人生うまく行かない…
 
いいや…そんなもんじゃないわ!

|

過去に希望を抱くナンセンスさとこの先の闇…。

過ぎてしまった日々に
悔やしさを滲ませ…
 
「もし、こうだったらこうだったろうに…」
 
…と言う仮定法…
 
過ぎてしまったやり直しがきかないものを思うナンセンスさ…
 
自分で直せるようなものなら教訓にして今後に活かせる。
 
だが…自分ではどうにもならないようなものの場合… 
ただ…ただ…悔しい…。
 
なんて言っても…
試せてないから…
 
試すことも出来てないから…
 
気付くこともできない…。 
一度しかない人生…
仕方ないで片付けたくない 
でも、もう過ぎた…。
 
行き場のない悔やみ…。
 
一度しかない人生で
大切な時期に不毛であること…
 
楽より苦が多い…
望み通りにはならない人生…まぁ〜人生は、皆そんなもんだろ…。
 
ただね。
どんどん試せるようであって欲しいのさ…
 
余計なもんはイラナイ!
邪魔なんかされたくない! 
最高を手にするのも…
普通を手にするのも…
 
難しい…
 
無理やりに仕方ないで片付けるしかない過去…。
 
そして…
この先にも
 
今のところ希望のない状況…
 
もう…
 
最高を望めない状態…
 
なにを希望に生きるのか… 
この先も苦痛が続くのか… 
もう十分だ…
余計なもんはイラナイ!
 
少しでも早く…
早く!
 
この先へ…
 
ハァ…。

|

大人ってスゴイ

今日は些細な事から大人の凄さを知りました。
 
『凄さ』ってかなり抽象的に書きましたが
 
具体的に言うと…
 
気遣い…とでも言いましょうか…。
 
さすが毎日、戦ってるなぁ〜と
 
 
しかも、大人ってまたデカイくくりで言いましたが… 
うまく言えてないケド…
そんな事を微かに思いました。
 
まぁ〜僕も大人ですが…
経験浅いんで…
 
簡単に言えば自分はやはりまだまだ未熟だと痛感しました。

|

今日は一言…ホント一言。

いつも利用させて貰っているココログ様に感謝。
 
ありがとうございます。
(^ー^)

|

フッと思った。

ベッドに寝そべり…
 
音楽を聞いていて 
 
フッと思った
 
理想と現実の不一致がストレスを生むのだろう…。  
追い求めるのはいいだろう。うん。
 
ただいくら追い求めても理想は出てくるものかもしれない…。
 
どこで妥協点を見い出し楽しめるか
 
これが重要なのかも知れないな〜。
 
でも
そんなの認めたくない
ッテ
ジャンルもあるよね。
 
これだけはッテもの…。
 
まぁ〜今の僕には、そんな大それたもんはないかもしれない。
いや…大それたもんじゃない
なくたって
認めたくないものはある。 
駄目だ…深く考え過ぎて自分でもなに言ってるかわかんなくなってきた(笑)
 
 
まぁ〜なにより解放されたい
 
何かは言わないが
 
人間は沢山いる。中には、〜から解放されたい!
もう沢山だ!
 
みたいなものある人だっているよね。
 
解放されたら幸せがあるみたいな…。
 
そうなのかな?ほんとに? 
視野狭窄に陥ってるのかな…僕は…。
 
これが逃げと言われればそうかもな…
 
ただ戦う体力がない人はどうするんだ?
 
これも逃げというのか…。 
ならばそうだろう…。
 
逃げを認めるのも悪くはない
 
ただ認める事で自己を完全否定はされたくない。
 
その逃げは全体ではないということだ。
 
一部分でしかないんだよ。 
99%が駄目でも
 
残りの1%…
 
あなたは見えていますか? 
そして私は気付いていますか?

|

正しくぶつかり合う事

匿名…
 
それは自分を明かさない事…
周りから自分の存在が明らかにならないから直接的な攻撃を避けられる。
 
そういう意味で保護されている様なものだろう。
 
 
意見をぶつけ合う場…
実に必要だ!
多くの人が議論しなんらかの問題にあたる。
 
議論というのは非常に重要なものであると認識している。
 
自分を再認識したり、新しい自分も発見したり、他人を知ることもできて、さらに問題を解決の方向に向かわせる。
 
こんなにも万能だ…
 
 
ただ…
匿名での議論の場は、感情的になっている傾向が多い気がする。
 
議論で感情的になるのは、一番厄介かもしれない…
 
本筋を見失ったり
冷静に考えたり、判断することが困難になる。
 
匿名での議論は言葉が荒かったり挑発的であるように思える。
 
このような場合は、感情的なりやすい…いや…感情的に見てしまう場合がある。 
この事から
議論するのに自分の言いたい事を正直に言うのは問題ない。しかし、言葉遣いには注意を払うべきなのだろう…きっと…。
 
相手の事を考えて
うまく言葉を使い
かつ自分の言いたい事は殺さない。
 
こうして行くのが重要なのだろう。

|

連鎖反応か

調子が悪い時ってのは次々と厄介な事・不愉快な事が起こるものだ…。
 
こうも次々と…
 
「泣きっ面に蜂」とはよく言ったものだな
 
どうってことない些細な事も大きく見えて嫌になるのだ。
 
嘆くしかないだろ…
嘆きを聞いてくれる人はいるのか…
 
こんな時は
目を閉じるしかないだろ… 
シャットダウンだ。
 
そうだろ…
なぁ…。

|

嫌になるな(;´д`)

体調わるくなって…
落ち着いて来て…
良くなるかと思っても
 
また…悪化…。
 
なんかい繰り返すことか… 
心が折れるわぁ(;´д`) 
何回も何回も…
 
健康で普通に過ごせることがどれだけいいことか…。 
肉体的にだけでなく精神的にも病んでしまう…。
 
こんな時に一体なにができるだろう…
 
普段もダメな人間だが…
もっとダメだな…
 
仕方ないと思うしかないか 
マイナスなイメージしか湧いてこない
 
とにかく早く復活したい。 
このマイナスイメージの連鎖から逃れる方法は思考停止…
 
それだけだ…。
 
そうするだけだ…。

|

放置しすぎ( ̄▽ ̄;)

なんってこった(´Д`)
 
放置しすぎた(汗)
 
いろいろあって…
(;´д`)ハァ
 
 
まぁ〜これからは
短いコメントでも思った事ツラツラ書いて
たまに顔を出すようにしよーっと(´Д艸)ゴメンチャイ

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »